December, 2018

Month
小さいけれど黄大豆にも負けない栄養豊富な黒千石

小さいけれど黄大豆にも負けない栄養豊富な黒千石

黒千石とは、小豆を丸くした程度の大きさで、黒大豆の中ではひと際小さい品種です。皮の部分は黒いですが、中身は綺麗な緑色をしています。一時期栽培されなくなったために、数が減り希少な品種になった黒千石は、黄大豆よりも豊富に含まれている成分や効能が...
βグルカンでデトックス効果抜群のもち麦

βグルカンでデトックス効果抜群のもち麦

お米にうるち米ともち米があるように、大麦にもうるち種ともち種があります。大麦のうるち種は押麦になり、もち種はもち麦と呼ばれています。押麦に比べてもちもちした食感になり、押麦とは違い外皮を取り除いていないため、大麦の大きな魅力である食物繊維が...
イボ取りだけでなくダイエットにも活用できるハト麦

イボ取りだけでなくダイエットにも活用できるハト麦

ハト麦は、殻のまま焙じハト麦茶として昔から飲まれており、またヨクイニンという名で、漢方薬に使われる生薬の一つとしても知られています。美容に良い成分が多いために化粧品に配合されたり、シリアルに配合されたりして、女性に人気の食材となっています。...
捨てるのは勿体ないかぼちゃの種の驚きの栄養

捨てるのは勿体ないかぼちゃの種の驚きの栄養

かぼちゃの実は、甘くて栄養価も高くスイーツや料理によく利用される食材ですが、種に関しては、日本ではワタと共に食べずに捨てられてしまうものでした。しかし、かぼちゃの実同様に栄養も豊富で、海外ではパンプキンシードとして人気があり、薬としても活用...
粗食でも栄養満点になるもちあわを主食で食べよう

粗食でも栄養満点になるもちあわを主食で食べよう

もちあわは、古代縄文時代から食用として栽培されていた穀類です。原種は道端で見かける猫じゃらしと言われる、エノコログサと言われています。あわにはもち米とうるち米の2種類ありますが、もちあわはもち米特有のもっちりした食感で、味に癖がないため料理...
畑のお肉黄大豆は糖質制限で大活躍できる食材

畑のお肉黄大豆は糖質制限で大活躍できる食材

大豆には黄大豆、黒大豆(黒豆)、青大豆、赤大豆など種類がいくつかありますが、一番多く栽培され、一般的に店で大豆として販売されているのは黄大豆です。黄大豆は、豆腐や納豆、味噌や醤油など、日本の食卓には欠かす事ができません。ミラクルフードとして...
おせちだけじゃ勿体ない毎日食べるべき黒豆

おせちだけじゃ勿体ない毎日食べるべき黒豆

黒色は邪気を払うとされており、黒豆はおせち料理には欠かせない食材です。甘く煮る料理法が多いですが、黒豆の納豆やきな粉などは健康食として人気が出ています。また粒のままパンやご飯に混ぜたり、黒豆粉にしてクッキーやケーキ作りに利用したりできます。...
アサは宇宙食にまで利用されるスーパーフード

アサは宇宙食にまで利用されるスーパーフード

アサの実は、日本では繊維として利用される事が多く、食用としては胡麻和えのように和え物に使ったり、七味唐辛子などのアクセントに使われたりする程度でした。しかし、海外のセレブやモデルの影響で、キヌアやアマランサスなどの雑穀スーパーフードが注目さ...
小豆は甘くなくても美味しくてダイエットの味方

小豆は甘くなくても美味しくてダイエットの味方

海外では、甘くしないで食べられる事が多い小豆ですが、日本では大福もちやぜんざいなど、砂糖と煮て和風スイーツに利用されるため、健康やダイエットには良くないイメージがあるようです。しかし、小豆自体は甘い物ではなく、栄養が豊富な上に糖質も低く、健...