雑穀の美味しさがが楽しめるおすすめ雑穀カフェ

約 1 分
雑穀の美味しさがが楽しめるおすすめ雑穀カフェ

雑穀カフェ小粒

雑穀カフェは全国に増えています。中でも人気が、青森の「雑穀カフェ小粒」です。こちらでは、都内からわざわざ行くという人もいるくらい、有名なカフェです。グルメ情報サイトでも紹介されている、小粒は、コーヒーを飲むための砂糖や、ミルクも置いていないという、自然食や健康を考えた食事に徹した店。
 場所は青森県青森市自由が丘「青森鉄道」の小柳駅から歩いて5分。東京駅からは新幹線で4時間44分、それでも食べに行きます、という人がいるそうです。場所は閑静な新興住宅街に建ち、目の前には公園がありますので、そこを目印に行くと、わかりやすいと思います。

<カフェメニュー>

ランチは1000円から1999円で食べることができます。ンチメニューは「天然酵母ピタパン&野菜・雑穀・豆プレート」「ごはんプレート」「パンプレート」の三品。このほかに、「酵素玄米のライスバーガー」「ココアと小豆の甘酒ケーキ」「雑穀ノンシュガースイーツ」などがあります。動物性のものは一切使わず、味も塩、醤油、味噌が中心です。
雑穀米を使用するお店はありますが、ここまで徹底しているお店はほとんどありません。

雑穀カフェ食堂SHO-AN

 
 埼玉県川口市にある雑穀カフェ食堂の「SHO-AN」です。北海道から取り寄せた旬の野菜、根菜など厳選された食材と国産雑穀10種類をブレンドした山形のはえぬきの雑穀米を中心にメニューが作られています。1号店は川口駅東口そごう川口店の前をアリオ川口方面へ歩いてすぐ駅から6~8分程度です。2号店は川口駅東口をまっすぐ東へ、最初の信号を北に曲がります。県道322号線沿いです。こちらも駅から歩いて10分程度です。
 美味しい、落ち着く、おしゃれと女性に人気のカフェ食堂です。男性には少々量が少ないようですが、健康のためには腹八分も大切ということですね。現金のみですが、ランチの値段も安くて安心です。

<カフェ・ランチメニュー>

人気は「野菜たっぷりのスープカレー」「雑穀米クリームチキンドリア」「焼きトマトキーマカレー雑穀ドリア」といずれも、雑穀米をいかしたメニューです。デザートは「北海道ソフトクリーム」「SHO-AN和パフェ」。ランチは1000円以内で楽しむことができます。
 
 

BROWNRICECAFE

 表参道にある雑穀米と、新鮮な旬の野菜を楽しめるカフェレストランです。オーガニックコスメやエッセンシャルオイルで、自然派志向の若い女性に人気の「ニールズヤード・レメディーズ」が手掛けるカフェです。表参道の駅を下りたら、コーチ表参道店の脇を渋谷方面に入って下さい。ガラス張りの入口と、天気がいい日に楽しめるオープンスペースもあるカフェです。国産大豆にこだわった主菜の豆腐料理、具だくさんの味噌汁に玄米ご飯、副菜はミネラルたっぷりの海藻や新鮮野菜が楽しめます。そしてデザートは国産の小豆と雑穀の入った、ぜんざいとほうじ茶のセットがおすすめです。

 <ランチメニュー>

ランチメニューの代表は、「一汁三菜」です。玄米ご飯、具だくさん味噌汁、主菜一品、副菜二品、と漬物で、1700円です。季節の野菜のせいろ蒸しと玄米ご飯の「旬野菜のせいろ蒸し膳」1700円、付け合わせ二品を添えた「季節野菜のカレー」1500円です。デザートはぜんざいの他に、自家製豆腐のアイスクリームがおすすめです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA