糖質だけではないスーパーやコンビニの雑穀おにぎり比較

約 1 分
糖質だけではないスーパーやコンビニの雑穀おにぎり比較

スーパーやコンビニの雑穀おにぎり比較

 忙しい朝やお昼、気軽に利用できるのが、「コンビニ」や「スーパー」のおにぎりです。菓子パンを食べるよりもカロリーが少ないのに、腹持ちがいい、安いと人気です。その「おにぎり」の中でも、ダイエットや健康を気にする人に、人気があるのが「雑穀おにぎり」です。白米のおにぎりよりも、ビタミンB群や食物繊維が豊富でさらに腹持ちが良いと、コンビニやスーパーのおにぎり売り場に必ず置いてあります。
 では、その雑穀おにぎりの違いを紹介していきたいと思います。

スーパーの雑穀おにぎり

 買い物ついでに簡単な昼食をと考える時、つい手が出るのがおにぎりです。スーパーのおにぎりは100円ちょっとで販売されているため、主婦や高齢者の一人暮らしが気軽に購入できるので人気です。中でも栄養価やダイエット効果で今注目されている雑穀おにぎりが、多く見られるようになっています。その違いを簡単に紹介します。

〈イトーヨーカドー「雑穀ご飯梅おにぎり」税込み118円〉
 国内産十六穀、焙煎大麦、大豆、黒ごま、白ごま、小豆、 緑豆、赤米、キヌア、アマランサスを混ぜ込んで炊いたご飯に梅漬け、ワカメ、野沢菜を混ぜ握っています。カロリーは一つ198㎉です。

〈イトーヨーカドー「雑穀おむすびしそひじき」税込み118円〉
 同じく国内産十六穀、焙煎大麦、大豆、黒ごま、白ごま、小豆、 緑豆、赤米、キヌア、アマランサスを混ぜ込んで炊いたご飯にひじき、とシソを混ぜ込んであります。カロリーは185㎉です。
 いずれもビタミンB群、食物繊維、ミネラル豊富な雑穀おにぎりです。

〈イオン(トップバリュー)「黒米梅しそひじき」「梅たくあん」「根菜きんぴら」「生姜鶏そぼろ」「野沢菜ちりめん」税込み105円〉
 黒米を使ったおにぎりが5種あります。カロリーは「梅しそひじき」が154㎉、「梅たくあん」152㎉、「根菜きんぴら」160㎉、「生姜鶏そぼろ」165㎉「野沢菜ちりめん」162㎉といずれも低価格で、低カロリーです。黒米は雑穀の一種ですが、白米よりもカロリーが低く、カルシウムが白米の2倍以上、カリウム、リン、ビタミンB群、食物繊維といずれも白米の2倍以上で、栄養価が高く、それだけでなくポリフェノール、アントシアニンが多いのが特徴です。

コンビニの雑穀おにぎり

 今、女性向けのおにぎりの開発はどこのコンビニでも、大切な課題になっています。その中でも雑穀を混ぜ込んだおにぎり、もち麦や押し麦を混ぜ込んだおにぎりの人気が高く、今ではどこのコンビニでも売り場に置いてあります。最近は女性だけでなく、健康志向のサラリーマンにも人気です。

〈セブンイレブン「塩昆布と枝豆のごはんおむすび(七穀米入り)」税込み120円〉
うるち米、枝豆、塩昆布、大麦、昆布エキス、ごま、もち玄米、発芽玄米、もちきび、もちあわ、に調味料が入ってカロリーは192㎉、です。雑穀の他に、緑黄色野菜の枝豆と昆布が入っています。塩分が多めなのが気になりますが、しっかりと味がついて、物足りなさを感じさせないおにぎりです。

〈セブンイレブン「雑穀米おむすび(梅こんぶ、菜めし)」税込み190円〉
 雑穀おにぎりと菜飯のおにぎりの2個入りです。2個でカロリーは294㎉です。1個入りのものよりも小ぶりですが、1個では物足りないけれど、二つ食べるのは食べすぎかな、と思われる人にはおすすめです。味も定評があり、梅こんぶと野沢菜と、違う味が楽しめるのも特徴です。

〈セブンイレブン「二つの味が楽しめる 雑穀米おむすび二個入り」税込み220円〉
 十六穀米と枝豆、根菜ヒジキを混ぜ込んだ雑穀おにぎりが1個、生姜とごま、鶏そぼろがしっかり入った雑穀おにぎりが1個、合わせて2個入っています。カロリーは312㎉、二つ食べれば男性でも、しっかりとお腹にたまります。もちろん男性にとってはカロリーが低めですが、軽い昼食には充分な一品です。

〈ナチュラルローソン「もち麦入り鶏の柚子胡椒焼おにぎり」税込み140円〉
 食物繊維が豊富なもち麦入りご飯に鶏の柚子胡椒味を混ぜて焼いた、焼きおにぎりです。カロリーは195㎉、香ばしいお醤油の香りが楽しめます。

〈ナチュラルローソン「もち麦入り生姜風味のかつおめし」税込み168円〉
 カツオだし汁で炊いたもち麦ごはんに甘辛く味付けをしたカツオの粗ほぐし、千切り生姜を混ぜ、金ごまをふりました。カロリーは180㎉になります。

〈ファミリーマート「スーパー大麦 枝豆とひじき」税込み138円〉
 大麦よりも食物繊維が豊富なスーパー大麦を使用し、さらに栄養価が高い枝豆とひじきを混ぜ込みました。カロリーは182㎉です。同じスーパー大麦を使用したものに、「蒸し鶏と赤シソチーズ」というのもあります。

 スーパー、コンビニともに新商品が出るたびに新しい味の雑穀おにぎりが発売されます。いずれも食物繊維、ビタミンB群、ミネラルの豊富さが特徴ですが、どうしても味付けに調味料を使うため、ナトリウムが多くなっています。こういったデメリットも考えて、美味しく健康を考えた雑穀おにぎりを選んでください。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA