美肌効果抜群の美味しいハトムギ雑穀とハトムギ茶ダイエット

約 1 分
美肌効果抜群の美味しいハトムギ雑穀とハトムギ茶ダイエット

 ハトムギ(鳩麦)はイネ科ジュズダマ属の穀物です。麦類よりもモロコシ、ススキに近い植物です。ビタミンEを多く含むハトムギはヨクイニンと言う名前で、肌の角質を取るため美肌効果があると、基礎化粧品にも使われています。
 かつては薬用として栽培されたこともあります。「岡山在来」と呼ばれる系統が全国的に栽培されていますが、現在は「あきしずく」と呼ばれている種が岩手、栃木、広島、福岡、青森、富山県といった地域で作られています。
 ハトムギはハトムギ茶やシリアル食品にも使われています。

ハトムギ雑穀

〈ハトムギの栄養価〉
 ハトムギはたんぱく質を100g中13.3g含み、アマランサスやキヌアよりは劣るものの、穀物の中では、たんぱく質を多く含む雑穀です。その量は精白米の2倍で、他に食物繊維も精白米の2倍、ビタミンB1、鉄、マグネシウムも多く含みます。
 
たんぱく質の成分、アミノ酸の量が多いだけでなく、そのバランスが良いのも特徴です。そのうえ脂質代謝に働くビタミンB2も多く含みます。ビタミンB1は糖質代謝に働くだけでなく、脚気やウエルニッケ脳症という病気の予防にもなります。

 ハトムギのアミノ酸はチロシン、バリン、ロイシンといった必須アミノ酸を多く含み、血流やリンパ液の流れをサポートする働きがあります。それにより、美肌や美髪、抜け毛予防、むくみ予防という効果があります。

〈ハトムギと他の食材の食べ合わせ〉
 ハトムギはさつまいも、ごま、ゴボウと一緒に摂ると、便秘予防効果が、ハトムギと白菜、えんどう豆、長芋を一緒に摂ると、胃腸の機能を整える効果があります。
 そのため、ハトムギはやずやの十六穀米、DHCの十八穀米ブレンドなどに含まれています。雑穀米ときんぴらごぼう、白菜の漬物、トロロ芋といった食事をすると、健康効果が高くなります。
 

ハトムギ茶

 ハトムギの名を最初に聞いたのは、あるCMの歌でした、という人が多くいるのではないでしょうか。「ハトムギ、玄米、月見草…」といった爽健美茶のCMソングです。健康ブレンド茶と言われるお茶の始まりでした。当時は、雑穀と言えば「セキセイインコやジュウシマツのエサ」といったイメージがありました。しかし健康ブレンド茶のダイエット効果から、一変、健康にいい食品に変わっていきました。その中でも「ハトムギ」を原料に含む新しいお茶です。

〈大人のカロリミット ハトムギブレンド茶〉
ダイドーとファンケルの共同開発、ファンケルのダイエットサプリメントの名前がそのまま使われている、ハトムギブレンド茶です。ハトムギの他に緑茶、烏龍茶、トウモロコシ、ギムネマシルベスタエキス、桑の葉エキス末、緑茶エキス、ブラックジンジャーエキスが原料に含まれているブレンド茶です。食物繊維が多く含まれていて、1本中5.0gです。緑茶、烏龍茶がふくまれていますので、カフェインも入っています。
スッキリした味で、ダイエットを考えている人向けに作られたお茶です。

〈あなたのはとむぎブレンド茶〉
 サンガリアのブレンド茶で、ハトムギ、大麦、玄米、昆布など健康に良いと言われる雑穀や食材が21種類含まれています。カフェインが0なので、夜遅い時間でも安心して飲むことができます。

 ハトムギ茶はこのほかに、普通のお茶のように熱湯や水出しで麦茶のように飲むことができるお茶です。ハトムギ茶の成分はハトムギと同じですので、腫瘍抑制作用、美肌でシミを薄くするなど様々な効果に役立ちます。

 家でハトムギを煮だして、気軽にペットボトルで、そして雑穀米としてご飯でと、気楽にとることができるのがハトムギの良さです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA