雑穀米のおすすめの炊き方とアレンジレシピ

約 1 分
雑穀米のおすすめの炊き方とアレンジレシピ

 雑穀と白米を炊くときに、水加減がうまくいかずに、硬すぎる、柔らかすぎるということがあります。また、冷たくなるとパラパラになってしまい食べにくいということもあります。

雑穀米の炊き方

はくばくは自社で取り扱っている雑穀の美味しい炊き方を教えています。

〈材料〉米2~3合  お好みの雑穀25~30g
雑穀を入れる目安は、米1合につき小さじ1杯くらいにするといいです。
〈作り方〉
・白米2~3合をとぎ、炊飯器の目盛りどおりの水加減にします。
・雑穀は水洗いをしません。
・雑穀と加える雑穀の2倍量の水50~60mlを加えます。
メーカーによって違いますのでパッケージにある「炊き方」通りに炊くと美味しく炊けます。
・軽くかき混ぜ、いつもどおり炊飯します。
・雑穀米が炊けたら、しゃもじで軽くほぐします。釜の中をしゃもじで十字に区切り、そのそれぞれ四等分したものを底から上下入れ替えて、しゃもじで切るように潰さないようにほぐします。
・釜の中で少し真ん中を高めに、こんもりと盛ってから再度保温します。こうすることで雑穀ごはんに余分な熱がかかるのを防ぎ、風味を保つことができます。

お豆ホクホク十六穀のトマトキーマカレー

はくばくの「お豆ホクホク十六穀ごはん」を使います。

〈材料〉
2人前  お豆ホクホク十六穀ごはん1袋(30g)   お米2合
合挽肉200g   トマト大1個   玉ねぎ2/3個
にんにくみじん切り小さじ1   生姜みじん切り小さじ1
カレー粉大さじ1~大さじ1と1/2  ウスターソース大さじ1/2~1 
クミン小さじ1/2(あれば)   ローリエ1枚   醤油大さじ1/2~1   塩、こしょう各少々
〈作り方〉
・米をといでいつも通りの水加減にする。お豆ほくほく十六穀1袋、水(60ml)を加え炊飯します。
・玉ねぎはみじん切り、トマトは縦4等分にくし切りにし、さらに横半分に切ります。
・フライパンにサラダ油(大さじ1)、にんにく、生姜をいれて弱火にかけます。
・香りがでてきたら、玉ねぎを加え中火で炒めます。玉ねぎがしんなりしたら、合挽肉、カレー粉、クミン、塩、こしょうを加え、ほぐしながらよく炒めます。
・トマトを加えて炒めて全体になじんだら、水(100ml)、ローリエを加えて混ぜます。
・蓋をして10分ほど弱めの中火で煮こみます。醤油、ウスターソースを加えて全体を混ぜ、蓋をせずに2-3分煮ます。

ふわとろ卵の雑穀米オムライス

〈材料〉  米 2合  雑穀米(お好みのもの) 大さじ2 
 鶏モモ肉 1枚  玉ねぎ 1/2個
ケチャップ 大さじ6(90ml)  中濃ソース 大さじ1  
顆粒コンソメ 小さじ2  バター 大さじ1
料理酒  塩  適量
卵 6個  牛乳 大さじ3(45ml)  塩 少々
バター 大さじ2(30g) サラダ油 少々  パセリ 少々
〈作り方〉
・お米はといでざるに上げ、雑穀米は浸水しておきます。
・鶏肉は一口大に切り料理酒と塩をふっておきます。
・炊飯器に米・雑穀米・ケチャップ・ソース・コンソメ、分量の水を入れ、鶏肉とみじん切りした玉ねぎを加えて炊きます。
・炊き上がったらバターを加えて混ぜます。
・ボールに卵・牛乳・塩少々入れて混ぜます。
・熱したフライパンにサラダ油を敷き、バターを入れてから卵を加えすばやく混ぜて半熟状になったら盛り付けます。
・みじん切りしたパセリをちらします。

 雑穀米は普通のお米と同じ様に使用することができます。和食に中華に洋食に、様々なメニューを楽しめます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA