雑穀.xyz

雑穀.xyz

ダイエットの強い味方になる雑穀米

約 3 分
ダイエットの強い味方になる雑穀米

雑穀は健康管理、栄養バランスの調整以外にもダイエットにも効果的と注目を集めています。特に糖質を制限する方法のダイエットでは雑穀米が積極的に取り入れられています。

雑穀とダイエットとの関係を理解しておくとより前向きにダイエットに取り組むことが出来るようにもなります。

雑穀米がダイエットに効果的な理由

雑穀米はとても簡単に作ることが出来ます。最近はスーパーや通販で様々な雑穀製品が販売されているので、これらの製品を活用し、白米と一緒に炊飯器で炊きあげるだけで出来上がります。

雑穀には様々な種類があり、粒のサイズ、食感、出来上がった時のご飯の色合いなど次第に好みは分かれるようになるでしょう。

自分の好みに合わせてオリジナル雑穀ブレンドを用意したいときはぜひ通販を活用しましょう。通販であればお好みの雑穀を少量から取り寄せることや真空パック、フリーズドライパックの製品を取り寄せることもできます。

このように今注目を集めている雑穀ですが、ダイエットとの関係性は、とてもシンプルで雑穀の方が白米よりも糖質が少ない上に、繊維質が豊富という事です。

同じ量の白米と雑穀米を食べた場合、雑穀米の方がより糖質が少なく済みます。ただ雑穀の方が噛み応えがあるので、満腹感を得ることも出来ます。

いろいろな食感が混ぜ合う事で無意識のうちに咀嚼回数も増えるので、自然と満腹中枢が刺激され、食事の量自体を無理なく抑えることも出来るでしょう。

雑穀米ダイエットのおすすめレシピ

雑穀米を活用しダイエットを考える時におすすめのレシピをご紹介させていただきます。

材料:

白米 2合
雑穀 30g
玄米 1合
しらたき 200グラム

作り方

①白滝は数㎜単位に短く刻んでおきます(製品によっては事前のあくぬきが必要な場合もあります。しらたきでなくてもこんにゃくでも代用できます。)

②炊飯器にすべての材料を入れ炊きあげれば完成です

実は白米に数十gの雑穀を混ぜ入れるだけの雑穀米は白米だけで食べる場合とさほどカロリーは変わりません。ただ白米だけのご飯に比べ繊維質が各段に多く摂取できるので、胃腸の調子が良くなり便秘解消が期待できるというメリットはあります。また雑穀の食感に合わせて咀嚼回数が増えることで多食を回避できるという仕組みです。

つまり雑穀米に変えるだけではさほど大きなダイエット効果は期待できないのです。そのような場合におすすめの方法がしらたきやこんにゃくといったカロリーのとても少ない食材を活用し、さらに白米の分量を減らす方法です。

これらの食材を混ぜ込む時のポイントは出来る限り小さく刻むことです。目安は白米1粒と同じくらいの長さになるほどです。ここまで小さく刻むことで、白米と混ぜても違和感がなくなり、白米だけで食べている場合と大差なく感じることが出来ます。

しらたきの方がこんにゃくよりも色合いの面で白米に馴染み安く、外見上のダイエットストレスを軽減できるという点も意味があります。

ダイエットをすることで食べ物の摂取量を減らすことは一番効果がある方法ですが、無暗に食事量を減らしても結局はストレスから長続きがしない、リバウンドをしてしまうというものです。

必ず成果を出すためにも無理のない献立で継続できるプランを立て取り組みましょう。