雑穀.xyz

雑穀.xyz

雑穀で得られる健康面のメリット

約 1 分
雑穀で得られる健康面のメリット

雑穀米に雑穀茶、雑穀パンと今雑穀を取り入れたメニューが続々を増えています。雑穀は栄養が豊富で手軽に取り入れることが出来るので、忙しく、食生活が乱れがちな現代人にとってとても便利な食材です。

スーパーフードとも呼ばれる雑穀の健康面でのメリットを知ると、より雑穀が身近に感じ、積極的に取り入れることが出来るようになるでしょう。

雑穀は少量でも栄養が豊富

雑穀はなんといってもその高い栄養素が注目を集めています。雑穀に主に含まれる栄養素は、繊維質、ビタミン、ミネラルと健康を維持するうえで必須とされるものばかりです。

日ごろこのような栄養素は野菜やサラダから摂取しますが、現代人は野菜不足になりがちで、ついこのような栄養が不足してしまいます。特に一人暮らし、社会人の野菜不足はとても深刻です。

このような健康面のお悩みは不調は自分自身で実感はしていてもなかなか根本的な解決が出来ず、ついそのまま見過ごしてしまいがちです。

中にはサプリメントに頼ってしまう事もあるでしょう。でも栄養は特定の種類だけを個別で摂取するよりも、他栄養素と同時に摂取する方がより効果的に働き、吸収率もアップします。そのため、サプリメントよりも食事、食材として摂取する方が好ましいのです。

このような時、おすすめの方法は雑穀ご飯です。炊飯器に市販の雑穀を混ぜ入れ、炊き上げるだけで簡単に偏りがちな栄養バランスの改善が出来ます。

雑穀を白米に混ぜるときは、10~30パーセント量を目安にし、好みに合わせて分量を調整しましょう。

一人暮らしで白米を炊く機会がないという方は、雑穀茶や雑穀ふりかけ、雑穀ドレッシングなども手軽でおすすめの方法です。

独特な食感で咀嚼回数が増える

雑穀ご飯はダイエットにも効果的とされ、注目を集めています。実は雑穀自体のカロリーは白米とさほど変わりがありません。つまり白米の一部、半量を雑穀に置き換え、炊き上げても大幅カロリーカット効果はありません。

しかし雑穀を混ぜ込み炊き上げることで、白米だけのご飯に比べ、食感が多彩になり、もちもちとして食感が増します。そのため、無意識ながら咀嚼する回数が増えます。咀嚼回数が増えると、自然と満腹感を得られるようになり、結果的には食事量を無理なく減らすことが出来るようになります。

この結果、多食、暴飲暴食を避けることにもつながります。

また雑穀に含まれる繊維質は胃腸の働きを活発にする効果があり、自然と便通も改善されます。便通がよくなることで、新陳代謝も向上し、肌の調子も向上します。このように体の内側から調子を整えることが出来るので、無理のないダイエットを目指せるのです。

料理のアクセントになって華やかさがアップ

健康、ダイエット、メタボ解消と日々の食事を考える時、大切なことは無理をしないこと、ストレスを感じないようにすることです。無理やストレスを伴う食事管理は結果的には長続きせず、失敗に終わりがちです。

雑穀にはいろいろな種類があり、もちキビなどは明るい黄色の小さな粒です。カロリーは低く、食感がいいので満腹感も得られ、代替食品としても重宝します。

もちキビを市販のドレッシングに混ぜ、温野菜サラダにかけると、華やかさ、食感が増し、ダイエット中の食卓がぐっと明るくなります。ぜひ雑穀を上手に活用し、食卓に楽しさを盛り込みましょう。