雑穀.xyz

雑穀.xyz

栄養満点な雑穀を愛犬にも与えたい場合の基本ルール

約 3 分
栄養満点な雑穀を愛犬にも与えたい場合の基本ルール

愛犬も家族同然、愛犬の健康のために愛犬のご飯は手作りをしていますという方が増えています。人間の健康面に様々な効果効能のある雑穀をぜひ愛犬にも与えたいという場合には人間とは違う基本ルールがあるのでしっかりと覚えてあげましょう。

犬に与えるには十分な下準備をしましょう

犬は人間と消化吸収の内臓機能が異なり、野菜などの食物繊維の消化吸収が苦手です。そのため、中には生野菜を食べただけで下痢や消化不良を起こすこともあります。

その為、雑穀のように繊維質が多い食べ物をそのまま食事として与えてしまうと下痢や消化不良につながるリスクが高まります。愛犬のご飯として与える場合には、十分に吸水させ、鍋で煮詰め、ペースト状にすりつぶしてあげるとよいでしょう。

もしこの下準備が負担な場合は、炊飯器で炊き上げた雑穀ご飯を再度鍋で煮詰め、十分に雑穀を柔らかくしてから与えるとよいでしょう。

雑穀ご飯でアレルギーが治るは間違いです

雑穀が注目を浴びる中で、犬に自然食、雑穀を食べさせるとアレルギーや外耳炎が完治したという話題があります。慢性的な愛犬の病気を治す手段になるのならと雑穀を与える場合は本来の効果効能を理解したうえで活用しましょう。

雑穀には実はアレルギーや外耳炎を完治させる仕組みはありません。でも雑穀や白米をメインにしたご飯を与えるという事は、市販のドッグフードに比べ脂肪分が少なく、添加物の摂取も控えることが出来ます。これらの成分は愛犬にアレルギーや外耳炎、脂漏症などのトラブルを引き起こす原因にもなっているので、結果的には症状の緩和につながるという仕組みです。

ただ高齢犬や子犬、胃腸の弱い犬に雑穀を与える時は、少量から始め健康面の変化を都度確認してあげましょう。

ゆずりはクラブ「犬の雑穀ご飯」シリーズ

愛犬の食事は手軽で栄養バランスの整ったドッグフードを与えたいという方にお勧めの製品です。ドッグフードは海外からの輸入品も含め様々な製品が市場にあふれ、良質な製品を見つけることがかえって難しくなっています。

そのような時は、人間用雑穀製品で定評のあるメーカーが愛犬のために開発した安全で安心なご飯を活用しましょう。

犬の雑穀ご飯シリーズは、原材料を鶏肉、大麦、玄米、かつお粉、黒米、大根葉、ごぼう、にんじん、ハト麦、あわ、きび、玄ソバ、キャベツ、大豆、とうもろこし、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ビール酵母、牛骨カルシウム、発酵調味液、卵殻カルシウムで

製造しています。この原材料にはトウモロコシや麦類にアレルギーがある場合でも安心して食べることが出来るように工夫がされています。毎日の主食としても、手作りご飯のトッピングにも活用できるおすすめのドッグフードです。

一部の犬に関する情報では雑穀や玄米をお与えてはいけないという内容もあります。犬の食事や健康には様々な意見がありますが、完全に危険、禁止というほどではありません。ただ一部の犬に消化不良や下痢がみられるという事からこのような情報が発信されているのでしょう。

犬の健康には個体差があるので、愛犬の様子を観察しつつ、きちんと下準備をしたうえで雑穀を食事に取り入れてあげましょう。