食物繊維はサプリメントより雑穀で摂取が効果的

約 1 分
食物繊維はサプリメントより雑穀で摂取が効果的

お通じ、美容に効果のある食物繊維、ビタミン、他にも様々な栄養素がサプリメントとして販売されています。気になる栄養素を単品でピンポイントで摂取することが出来るのでとても効率的な方法と思えるのですが、実際には摂取した栄養素が100%すべて吸収されているわけではないという仕組みを理解しておく必要があります。

人間が栄養を吸収するには、単品での栄養だけでなく、その他の栄養素と共に働き合う事でより高い吸収率を見せるという仕組みがあります。

大切な栄養素はぜひ日々の食事から摂取し、よりよい状態で体に取り来んであげましょう。

雑穀に含まれる食物繊維は体のお掃除係

雑穀米で有名な雑穀には、食物繊維がとても豊富に含まれています。雑穀に含まれる食物繊維は、コレステロールやカラダに不必要なものを腸内で絡め取る作用が有り、体内の掃除を担ってくれる役割があります。また食事から摂取した糖質の吸収をゆるやかにしたり、排出する効果があり、生活習慣病の予防にも大きな効果がある優秀な存在です。また、便秘の解消効果や、満腹感を与える役割もあるため、ダイエット時には欠かせない食材です。

雑穀に含まれる食物繊維の量は白米の数倍もあり、糖質の多い白米だけを主食とするよりも半量もしくは1/3でも雑穀に置き換えるだけで摂取出来る栄養素の内容が大きく変わります。

また近年の炊飯器の技術進化により白米はますますその食感が柔らかく、水分を豊富に含み炊き上がるように工夫されています。その結果つい咀嚼回数が少なくなりがちで、摂取量も増えてしまうものです。でも雑穀を混ぜ合わせることで、雑穀のしっかりとした食感やいろいろな粒のサイズが主張をすることで無意識に咀嚼回数が増え、満腹感を適度に得られるという効果もあります。

この咀嚼回数が増えることで余計な多食を避けることが出来、唾液の分泌が増えることで消化吸収が促進され、体の内側から健康体質になることが出来ます。

このような効果は食物繊維のサプリメントを摂取することでは得らない相乗効果で、いかに食事として摂取することが重要かがわかります。

雑穀が持つそれぞれの健康パワーに注目

雑穀を取り入れる時は、単品ではなくブレンドしいろいろな種類を摂取したほうがより健康効果が高いといわれています。

代表的な雑穀の優れたパワーをご紹介させていただきます。

①もち麦は、食物線維が玄米よりさらに多く含まれているので、ダイエットや便秘解消に大変効果があります。もち麦を食べることで腸内環境が良くなり、透明感のある美肌効果も期待できます。また、食物繊維であるβグルカンが血糖値を下げ成人病予防や癌の予防にも効果があり大変優秀なスーパーフードです。

②もちあわには、食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整え便秘の解消に役立つ効果があります。マグネシウムや鉄も多く含まれていて、貧血予防にも効果があります。もちあわに含まれるビタミンEとパントテン酸にはストレスを和らげるホルモンを作る栄養素が含まれています。ビタミンB群・Eが肥満を予防する効果効能もあり、特に女性を中心に人気のある雑穀です。

③ひえは 食物繊維が腸内環境を整え免疫力を強める作用があります。免疫力UPで、アトピー改善効果があると注目の雑穀です。

雑穀の持つ健康パワーを知るとより雑穀レシピの奥深さに魅了され、楽しくアレンジを考えることが出来るでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA