雑穀ブレンドで低糖質ダイエットに挑戦

約 1 分
雑穀ブレンドで低糖質ダイエットに挑戦

毎日の白米を雑穀に置き換えるだけで実は簡単に糖質を制限したダイエットにつなげることが出来ます。ダイエットには無理な食事制限はかえってダイエットに逆効果でリバウンドやストレス、エネルギーの吸収率の増加などを招きます。

ダイエットに取り組むなら、まずは無理のない計画を立てることから始めましょう。

白米と雑穀の糖質量の違い

雑穀とは日本に古くから伝わる様々な穀物の総称です。代表的なものはひえやあわ、ムギ、豆などです。雑穀はそれぞれが独自の栄養を持ち、様々な健康パワーを秘めています。

この健康パワーを上手に活用すると無理のない、健康的なダイエットに効果が出てきます。

白米と雑穀とでは含まれる糖質の量が各段に違います。つまり毎日の白米の一部を雑穀に置き換えるだけで、食事の量そのものを減らさなくても糖質制限食が可能になるのです。

白米から摂取した糖質のうち、日常生活や運動で消費しきれなかった分は、脂肪となり体に蓄積されます。でも毎日摂取した糖質を完全に燃焼することは大人にはほぼ不可能なことですから、糖質の摂取量そのものを調整し、無理なく健康的に食事制限をしましょう。

雑穀を白米に置き換えるだけの簡単ダイエット

ダイエットのために糖質制限、糖質カットという手法が話題になっていますが、このダイエットで大切なことは糖質を完全にカットする、摂取しないことはかえって逆効果になるという事です。

食事から摂取する糖質は、食べ物をエネルギーに変えるガソリンのような役割をしています。そのため、ガソリンがない状態で、食べ物を摂取すれば、なかなか燃焼せずに結局は体に蓄積されてしまうのです。ダイエットを成功させるには、摂取したカロリーをすべて燃焼させ、体に残さないことです。

その為、ダイエット中でもある程度の糖質の摂取は必要なのです。このある程度で抑えるために、白米を玄米や雑穀米に置き換えることで糖質の量を抑えつつ、十分な満腹感のある食生活を送りましょう。

白米に雑穀をブレンドする、置き換えるという方法は、単に糖質の摂取量を減らすという意味だけでなく、食物繊維やビタミンの摂取量を増加させる効果もあります。食物繊維は腸の働きを活発にし、お通じをスムーズにする効果があります。ダイエットには便秘も大敵ですから、この点も大きなメリットと言えるでしょう。

手軽に出来る雑穀米低糖質のダイエットレシピ

ダイエットを継続するためには、日々の食事で満腹感を得ることが大切です。常に空腹状態が続くとストレスからダイエットを諦めてしまいがちです。

糖質を制限しつつ、食物繊維を摂取し、食事の楽しみを保つおすすめのレシピ「雑穀のキムチトマト雑炊 」をご紹介させていただきます。このレシピは白米の代わりに雑穀を活用します。

材料:

キヌア 大さじ1
もち麦 大さじ1
押し麦 大さじ1
トマト 1/2個
ピザ用チーズ 少々
白菜キムチ 50g
しいたけ 2個
鶏むね肉 1/3枚
鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
塩 少々

作り方:

①鍋に鶏がらスープの素、もち麦、押し麦、刻んだしいたけを入れます

②①が柔らかくなってから、トマト、キヌア、鶏、キムチを入れてさらに5分ほど煮ます

③塩で味を調え完成です

ヘルシーなメニューでダイエットや食事制限におすすめです。ぜひいろいろな雑穀や食材でアレンジを加えてみましょう。

 

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA