雑穀には貧血を解消するパワーもあります

約 1 分
雑穀には貧血を解消するパワーもあります

女性に多い健康面のお悩みにお通じや肌荒れの問題と合わせて、貧血という問題があります。貧血は日常生活に支障を起こすこともあるほどとても深刻な問題です。

実は毎日のご飯を白米ではなく玄米ご飯や雑穀ご飯、パンをライ麦パンや雑穀パンに切り替えることで、この貧血の問題を解消することも出来るのです。ぜひ雑穀の持つ健康パワーを多いに活用し、健康面のお悩みを解決しましょう。

雑穀が貧血に効果的な理由

雑穀と言えば食物繊維やビタミンが豊富で、低糖質という点が話題になりますが、実は雑穀は白米に比べ糖質が少ない事から血糖値の急激な上昇を防ぎ、ダイエットにも効果があるといわれています。

貧血という病気は、食事から鉄分を十分に摂取することが効果的な方法です。鉄分の多い食材というとレバーやあさりが有名ですが、これらの食材は特有な臭いや食感が苦手とする方も多くいます。

でも実は雑穀にも鉄分が豊富に含まれていて、日本食品標準成分表によると100g当たりの鉄分の含有量は以下の通りです。

高キビ 7.6mg
アマランサス 7.6mg
アワ  4.8mg
キヌア 4.6mg

もちろんレバーの含有量は13mgと雑穀に比べ各段に高いものの、複数の雑穀をブレンドし摂取をすれば、レバーに相当する量のお鉄分を摂取することも可能になります。

貧血に悩んでいる場合は、レバーが苦手でも他の方法で改善が出来る方法があると知るだけで大きな進歩を言えるでしょう。

雑穀を効率的に摂取する方法は、炊飯器で白米と一緒に炊き上げる雑穀ご飯がとても簡単でおすすめの方法です。雑穀の下準備も不要で簡単にでき、冷凍保存も可能なので、健康管理の意味でもぜひ雑穀を取り入れてゆきましょう。

貧血対策におすすめの雑穀レシピ

鉄分を豊富に含む食材にひじきがあります。ひじきは雑穀との相性もよく同じ料理に取り入れると風味の良い美味しい仕上がりになり重宝します。

ここでは鉄分豊富なひじきと雑穀のピラフのレシピをご紹介させていただきます。

材料:雑穀米 2合

ひじき(戻したもの) 10g
にんじん 3cmくらい
長ねぎ 6〜8cmcmくらい
枝豆 適量
ベーコン 2枚
コンソメキューブ  1個
塩・しょうゆ 小さじ1
みりん  大さじ1
酒 大さじ1
オリーブオイル  小さじ1
バター 小さじ1

作り方

①白米、市販の雑穀ブレンド、刻んだ野菜、ベーコン、調味料(バター以外)を炊飯器に入れ炊き上げます

②炊きあがりにバターを入れ、しっかりと混ぜ出来上がりです

野菜の下準備の省略や子供向けにカラフルな出来栄えに仕上げたい時は、市販のミックスベジタブルでの代用もおすすめです。

子供の貧血を解消するためにおすすめの雑穀

今、小学生、中学生の年齢でも貧血に悩む子供が増えています。貧血の理由は様々ですが、少しでも症状を軽減するためにぜひ雑穀を日々の食事に取り入れましょう。

雑穀の中でもダントツの鉄分含有量をもつのは、あわです。あわには白米の6倍もの鉄分が含まれています。タンパク質、ビタミンB1、マグネシウムも含んでいるので白米に混ぜて炊く事で栄養価もさらにアップします。粒が小さく、食感もさほど気にならないず、いろいろな食材と相性がよいので、雑穀ご飯だけでなく、サラダ、揚げ物などいろいろなアレンジで取り入れていきましょう。

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA