雑穀.xyz

雑穀.xyz

健康のために食べたいアマランサスのレシピ

約 3 分
健康のために食べたいアマランサスのレシピ

アマランサスはスーパーグレインと呼ばれるほど、栄養豊富な雑穀です。アマランサスは白米に混ぜて一緒に炊いて食べるのが一般的ですが、プチプチとした食感を活かして料理やおかしに使うこともできます。

アマランサス入りご飯の炊き方

アマランサスの分量は、米1合に対し大さじ1杯くらいです。慣れたら自分好みの分量に増やしていきましょう。
1.アマランサスは茶こしに入れて水で洗います(粒が1mmと小さいので、目の粗いざるでは流れてしまいます)。
2.洗ったアマランサスを30分くらい水につけておきます。
3.白米に洗ったアマランスを入れ、通常の水加減で炊きます。

炊き上がったアマランサスごはんは、そのまま食べてもいいですが、チャーハンやカレーにするのもおすすめです。

アマランサスを魚卵風に使う料理

アマランサスの食感はプチプチしていて、たらこや数の子など魚卵の食感と似ています。その食感を活かし、たらこや数の子の代わりにするレシピです。
まず、基本のアマランサスの炊き方ですが、白米に入れて炊くときのように、茶こしで洗って水につけておきます。鍋にアマランサスの2~3倍くらいの量の水かだし汁を入れ、塩一つまみ入れて洗っておいたアマランサスを強火で茹でます。10~15分くらいです。水分が少なくなってきたらふたを閉め、弱火で15~20分、水がなくなるまで茹でます。茹であがったアマランサスは、冷蔵庫で3~4日、冷凍庫で3~4週間保存できますが、早めに食べきるようにしましょう。

【アマランサスのしょうゆ漬け】
アマランサスを茹でる時に、水でなくだし汁を使います。茹であがったら、水で洗って表面のとろみを洗い流します。酒大さじ1・しょうゆ大さじ2・みりん小さじ1を混ぜた中に、茹でアマランサスを入れて味がなじむまで30分以上置いておきます。ご飯に乗せてそのまま食べたり、青菜をあえるときに混ぜてみたりして使います。

【たらこ風サラダ】
茹でたアマランサスを、野菜サラダやポテトサラダなど、好きなサラダに入れます。プチプチした食感がたらこ風のサラダにです。

【松前漬け風アマランサス】
数の子の代わりにアマランサスを使った松前漬け風の料理です。しょうゆ大さじ1.5・米酢小さじ1・砂糖小さじ1を混ぜておきます。戻した切り干し大根・千切りのニンジン・水に戻して細く切った昆布・小口切りの唐辛子に茹でたアマランサスと調味液を入れて味がなじむまでおいておきます。

アマランサスのスープレシピ

スープにアマランサスを入れて煮込むと、とろみのついたスープになります。
アマランサスは茶こしに入れて水で洗ってから、30分くらい水につけておきます。好きな野菜やキノコを薄切りにして油でいため、水とスープの素を加えます。沸騰したら、アマランサスを入れて弱火で10分ほど煮たら出来上がりです。
茹でておいたアマランサスを団子に丸めて軽く焼き、スープやみそ汁に浮かせてもおいしいです。

アマランサスを使ったお菓子レシピ

【アマランサスせんべい】
茹でたアマランサスに粉チーズとカレー粉を入れて混ぜます。ラップの上に大さじ1ずつすくって並べ、上にもラップをかぶせて押さえ、薄く伸ばします。フライパンに油を引いて、弱火で焼けば出来上がりです。

【アマランサスクッキー】
クッキーを作るときに、茹でたアマランサスを一緒に混ぜます。混ぜずにトッピングしてもいいです。プチプチとした食感が楽しめるクッキーになります。