雑穀.xyz

雑穀.xyz

一番売れている雑穀は?売れ筋の雑穀

約 1 分
一番売れている雑穀は?売れ筋の雑穀

人気の雑穀ですが、実際にどのような雑穀が売れているのでしょうか。大手ショッピングサイトのランキングから売れ筋の雑穀をまとめました。

一番売れ筋は雑穀ブレンド

様々な雑穀の中でも一番の売れ筋は、様々な雑穀をブレンドした商品です。どの雑穀でもたくさんの栄養が含まれていますが、それぞれどの栄養が多いかには違いがあります。そのため、十穀米や三十穀米など、ブレンドされた雑穀の種類が多ければ多いほど、バランスよく栄養を摂ることができます。調理の方法も炊く前に白米に混ぜるだけで良いものが多く、雑穀ごとに違う吸水時間に頭を悩ませる必要もありません。また、一種類ずつ雑穀を買うより、雑穀ブレンドの方がコスパが良いのも特徴です。

押し麦より売れ筋なもち麦

数年前から話題になっているもち麦は、雑穀ブレンドと同じくらい売れ筋の商品です。もち麦はもち性の大麦で、名前の通りモチモチした食感をしていて冷めても食べやすいのが特徴です。
大麦には水溶性食物繊維が豊富に含まれています。雑穀はどれも食物繊維が多いですが、ほとんどは不溶性食物繊維です。大麦は水溶性と不溶性の両方をバランスよく含んでいるため、便秘解消にもダイエットにも効果が期待できます。大麦の加工品で、昔から麦ごはんに使われてきた押し麦もそれは同じですが、押し麦はパサパサした食感のため、もち麦の方が好まれています。

衰えのない売れ筋の雑穀・キヌア

キヌアも売れ筋のいい雑穀の上位に入っています。キヌアは世界の食糧安全保障と飢餓の解消に役立つと国連が推しているスーパーフードです。キヌアにはカルシウムや鉄分、食物繊維など、他の雑穀と比べても多くの栄養素が豊富に含まれています。味もくせがないので、白米に混ぜたり、サラダに使ったりと食べやすいのも特徴です。
キヌアの国産品はまだほとんど流通しておらず、購入できるのは輸入品がほとんどです。キヌアは皮ごと食べるものですから、国内での農薬検査が済んだものかどうか、確認して購入したほうが安心できます。

意外な売れ筋の雑穀・ソバの実

麺類として食べられることが多いソバの実も意外と売れている商品の一つです。ソバの栄養素でよく知られているのはルチンですが、ソバの実には『レジスタントプロテイン』という栄養素も多く含まれています。レジスタントプロテインは精製されて作られるソバにはほとんど含まれていないため、摂りたければソバの実を食べるしかありません。レジスタントプロテインは食物繊維に似た作用を持つたんぱく質で、整腸効果やコレステロール低下作用、抗腫瘍作用などがあると考えられています。

じわじわと売れている黒米

ポリフェノールの一種・アントシアニンを含む黒米も売れ筋な雑穀の一つです。黒米は種皮部分が黒い米で、古代米の一種です。紫米、紫黒米ということもあります。黒米は視力改善や抗酸化作用、毛細血管保護などの効果が期待できます。雑穀には消化が悪くよく噛まないといけないものも多いですが、黒米は消化が良く、胃や腸を強くする働きもあります。黒米はもち米の一種なので白米に入れて炊くとモチモチとした食感です。また、うっすら色づくので赤飯のようなごはんになります。