雑穀ごはんで栄養いっぱいのおにぎりを

約 1 分
雑穀ごはんで栄養いっぱいのおにぎりを

「おむすびの日」記念アンケートによると、1週間に食べるおにぎりの数は3.6個だそうです。日本人なら誰でも食べるおにぎりを雑穀ごはんで作ると、美味しい上に普通のおにぎりよりたくさんの栄養を摂ることができます。

雑穀ごはんのおにぎりについて

普通のごはんと雑穀ごはんの栄養を比較すると、タンパク質・カルシウム・鉄分・ビタミンE・ビタミンB1、B2・ビタミンC・食物繊維、すべてが雑穀ごはんの方が量がはるかに上です。雑穀は種類によってどの栄養が多いか違いますので、白米に入れる雑穀の種類が多ければ多いほど、様々な栄養が摂れます。おにぎりにしてもそれは同じです。

雑穀おにぎりの具

雑穀ごはんで作るおにぎりは、雑穀の風味だけでもおいしく食べられるので、具を何も入れなくても大丈夫です。しかし、雑穀の風味が苦手な場合は、焼きおにぎりにしたり、海苔の代わりに味の濃いもので巻いたりする方法もあります。

焼きおにぎりの味付けは味噌でもしょうゆでもどちらでも構いません。おにぎりを握ったら、フライパンに薄く油をひき、おにぎりの表面を軽くあぶります。しょうゆか甘味噌を表面に塗ってはひっくり返し、反対側も焼いて出来上がりです。
おにぎりを海苔以外で巻く場合、とろろ昆布なら、昆布のうまみと雑穀の風味が混ざってさらにおいしくなります。軽く茹でた高菜を巻けば鮮やかな緑色が食欲をそそります。薄切り肉をおにぎりに巻いて焼き、全体に火が通ったら甘辛く味付ければ、肉巻き雑穀おにぎりのできあがりです。

雑穀おにぎりはビタミンB群やミネラルは豊富ですが、動物性タンパク質は足りません。栄養を考えるなら、シャケ、たらこ、ツナマヨなどを入れるのもいいでしょう。

雑穀おにぎりを食べられる店

自宅で雑穀ご飯を炊いておにぎりを作るのが面倒な場合、雑穀おにぎりの店に行ったり、取り寄せたりする方法もあります。
【いろは】
炊いた後3~4日間寝かせた玄米を使ったおにぎりの店です。玄米はパサパサして固いというイメージですが、いろはの寝かせ玄米で作ったおにぎりはモチモチした食感です。玄米だけでなく、もち麦・黒米・十五穀米のおにぎりもあります。店舗の数は東京に3店舗、宮城県仙台市に1店舗です。
【目白文蔵】
冷めてもおいしい雑穀おにぎりの店です。具によって150円~250円まであり、小サイズも選べます。店舗は東京に1店舗のみで、JR目白駅徒歩5分のところにあります。
【玄むす屋】
玄米おにぎりのオンラインショップです。1個150円~160円の玄米おにぎりと雑穀おにぎりが通販で取り寄せできます。使っている玄米は米ぬか肥料使用、防虫には竹搾酢、防病は納豆菌由来のものなので、安心です。

コンビニの雑穀おにぎり

もっと手軽に雑穀おにぎりを食べるなら、コンビニで販売している雑穀おにぎりがあります。
【セブンイレブン】
セブンイレブンではもち麦入りおにぎりや五穀ごはんで作ったおにぎりが販売しています。どれも税込120円です。
【ローソン】
ローソンは玄米おにぎりの具を変えて2種類販売しています。税込140円と130円です。
【ミニストップ】
ミニストップでは十六穀米のおにぎりが販売されています。税込120円~です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA