雑穀.xyz

雑穀.xyz

健康やダイエットを気にする方が注目するべき雑穀米の効果

約 1 分
健康やダイエットを気にする方が注目するべき雑穀米の効果

大昔、白米は貴族など身分の高い人しか食べられておらず、雑穀米や玄米が主流でしたが、明治時代では町民や農民でも白米を食べる事が多くなりました。しかし今はまた雑穀米が注目され始め、カフェのランチなどでも白米か雑穀米を選べるお店が多くなっています。白米にはない栄養も雑穀米にはあり、またダイエットにも向いていると言われる雑穀米について、気になる効果をご紹介します。

雑穀米とは

健康に良いと言われているものに玄米がありますが、玄米と雑穀米とは違います。玄米は白米を精製する前のもので、もみ殻を取っただけの状態です。白米は綺麗な白い色をしていますが、玄米は糠が付いているので少し黄色っぽくなっており、糠の中に栄養分がたくさん含まれているため、白米よりも栄養価が高くなります。

それに対し雑穀米は、元になるのは白米で、そこに雑穀である粟やヒエ、キビ、ハト麦、押し麦、赤米、黒米などを混ぜて炊いたものです。白米と一緒に入れる雑穀の種類や分量によって、炊き上げた時の見た目も食感も違ってきます。また栄養価も少し違ってきます。赤米や黒米などを入れると、お赤飯のような赤いご飯になり、粟やヒエなどを入れるとプチプチした食感が楽しめます。

健康に良い雑穀米

雑穀米は、白米だけでは足りない栄養素が補えるという利点があります。白米は先ほど書いたように、本当なら栄養がいっぱいある糠の部分を精製してしまっています。そのため、ビタミンなどが玄米に比べて少なくなってしまっています。昔、おかずも少なく白米だけを食べていた人たちは、ビタミンB1が欠乏してしまい、脚気になる人が増えました。雑穀米を食べていた頃には、なかった病気です。

またビタミンだけでなく、カリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。カリウムは、浮腫みを予防してくれるものであり、カルシウムは骨粗鬆症予防、鉄分は貧血予防になります。

その他、白米に比べて食物繊維も豊富です。食物繊維は便秘解消に良いと以前から言われていましたが、便秘を解消する事で、お腹に溜まった腐敗物から出る有害物質も排除(デトックス)できます。また研究ではその他にも、食後の血糖値上昇を抑える、コレステロールの吸収を抑える、高血圧予防なども期待できます。

ダイエット中の方にもお勧め

雑穀米は健康を気遣う方ばかりではなく、ダイエットを考えている方にもお勧めです。主食であるご飯やパン、麺類はほとんどが炭水化物です。炭水化物は糖分と食物繊維でできていますが、糖分が体に入ると、入ってきた糖分の量に応じてインスリンが分泌されます。このインスリンは、脂肪を合成し、また脂肪の分解を抑えてしまうという作用があります。たくさん糖分を取ってしまうと、たくさんインスリンも分泌され脂肪も溜まってしまいます。

この血糖値の上昇率はGI値で表す事ができ、白米は80となり非常に高くなりますが、雑穀米となると、大体55程度です。中に入れる雑穀の種類で変わってきますがGI値は55以下が低GI値となるため、白米よりずっとお勧めです。たくさん食べてしまっては意味がなくなってしまいますが、雑穀米の方が白米よりも腹持ちも良く、量を少し減らして食べると効果が上がります。

雑穀米を美味しく食べましょう

健康にもダイエットにも良い雑穀米ですが、風味が強いために苦手だという方もおられるかもしれません。しかし、カレーやガーリックを利かしたチャーハン、チーズをたっぷり入れたリゾット、ケチャップを使ったチキンライスやオムライスなど、風味を消す事ができるメニューはたくさんあります。また雑穀だけをたくさんの野菜と共にスープにしてみても美味しく食べられます。折角体に良い食材ですので、美味しく食べてみましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA