雑穀.xyz

雑穀.xyz

雑穀パンで作る素朴で味わい深いサンドイッチ

約 4 分
雑穀パンで作る素朴で味わい深いサンドイッチ

口当たりがソフトな白い食パンで作るサンドイッチも美味しいですが、素朴で噛めば噛むほど風味が口に広がる雑穀パンを使って作るサンドイッチも格別です。ハード系のパンがお好きな方なら、雑穀が混じった雑穀パンは、風味も増し食感も良くなるのでお気に入りになるかもしれません。雑穀パンで作るサンドイッチが気になる方に、合う具材などをご紹介していきます。

サンドイッチに向いている雑穀パン

雑穀とされるものはいくつもあり、パンでよく使用されるのは、全粒粉やライ麦です。雑穀パンと言っても、小麦粉に雑穀を混ぜて作ったものや、小麦粉と小麦を精製する前の全粒粉を使ったもの、小麦粉と全粒粉にその他の雑穀を入れたもの、全粒粉だけのもの、全粒粉にその他の雑穀を混ぜたもの、またライ麦だけを使ったものなどがあります。

小麦粉に雑穀を混ぜて作った雑穀パンは、口当たりはソフトで所々雑穀のプチプチとした食感が楽しめます。全粒粉は小麦を精製する前のものなので、栄養価は高いですが色が茶色くなり、全粒粉だけでパンを作ると、ボソボソとした食感になります。また、ライ麦だけで作る場合も、ボソボソとしてポロポロと崩れやすくなってしまいます。

何かを挟んで食べるサンドイッチの場合、小麦粉が混ざっているものが食べやすくサンドイッチに向いていると言えます。しかし、ボソボソした食感が好きな方もおられるはずです。ドイツなどでは昔から、100%ライ麦や全粒粉のパンでサンドイッチが作られており、全粒粉やライ麦だけのパンで、サンドイッチができない訳ではありません。

雑穀パンで作るサンドイッチに合う具材

小麦粉を使ったパンや、小麦粉が混ざっている雑穀パンは、癖がなくどんな具材にも比較的合いやすいと言えます。それに対し、100%のライ麦や全粒粉のパンには酸味が強いという癖があります。サンドイッチは好きなものを挟んで食べる楽しさがあるものですから、自分が食べたい具材を挟めば良いのですが、独特な風味に負けないような具材を選んだ方が美味しくなります。

その他、具材にかけるソースなどに拘ってみてください。レモンだけをギュっと絞って酸味を引き立たせるのも良いですし、クリームチーズなどを挟む時は、バジルソースなど風味の強いソースを使うと良く合います。

雑穀パンと相性ばっちりなチーズ

100%ライ麦や全粒粉のパンに挟んでも美味しい具材は、まず挙げられるのがチーズです。濃厚でねっとりしたクリームチーズや、酸味や癖の強いゴルゴンゾーラなどのブルーチーズが良く合います。オープンサンドにするなら、溶かしてトロトロにしたラクレットチーズもお勧めです。

酸味のあるトマトや濃厚なアボカド

同じように酸味のあるトマトや濃厚なアボカドなども、良く合います。

変わり種のキムチや納豆

酸味のあるキムチや納豆なども、意外に良く合います。風味や癖があるもので合う食材は他にもあるはずなので、自分の好きな具材を試してみるのもいいかもしれません。

雑穀パンのサンドイッチを美味しく食べるコツ

サンドイッチとして食べるなら、雑穀パンを薄くスライスするのがお勧めです。5mmから1cmくらいが良いです。バゲットやベーグルなどは、家でスライスできますが、ライ麦や全粒粉以外の雑穀が入っているカンパーニュなどは、薄くスライスするのは難しい為、店頭でスライスしてもらった方が良いでしょう。

そのままでも、少しトーストしてからでも美味しく食べられます。また挟むのではなく、オープンサンドにするのもお勧めです。バゲットだけでなく、大きな雑穀カンパーニュなどもカナッペ風に一口大に切って、いろいろ乗せて食べるのも楽しいかもしれません。