雑穀.xyz

雑穀.xyz

雑穀米に身体に大きなダメージを与える危険なし

約 1 分
雑穀米に身体に大きなダメージを与える危険なし

雑穀米は栄養価が高いだけでなく、食物繊維が多く便秘解消にもなり、またよく噛んで食べるようになる為、肥満予防や認知症予防など、身体にとってメリットが多くおすすめしたい食品です。しかし、雑穀米に含まれる有害成分や農薬などが危険であると問題視される場合もあり懸念されるところですが、注意すれば身体に危険が少ない事を説明していきます。

雑穀を選ぶ時に注意する事

雑穀は、十五穀や十六穀などの便利な雑穀ミックスが販売されていますが、15、16種類だけでなく、米や麦、トウモロコシ以外の穀類を雑穀とするため、雑穀の種類は非常に多くなります。これらの穀類の中には、日本原産のものでも外国から輸入されるものもあり、輸入されたものについては残留農薬に対しての不安が残ります。輸入製品を買う場合は、信頼ができるお店で買うようにしましょう。

また国産の雑穀であれば農薬などの問題は、心配ないと言えますが、雑穀以外のものが混ざっていたり、添加物が使われていたりする場合があります。雑穀だけであれば、添加物を入れる必要がありません。良い雑穀商品には、原産地もしっかり記載されています。雑穀を買う場合は、商品のパッケージに記載されている原産地や原材料を確認してから買いましょう。

雑穀の成分で注意が必要な事

雑穀には、フィチン酸やアブシジン酸と呼ばれる成分が含まれていますが、これが毒であると解説されている場合があります。フィチン酸やアブシジン酸は、玄米に多いとされていますが、他の雑穀にも同じように含まれている成分です。

キレート効果があるフィチン酸

フィチン酸は、キレート作用があり鉄や亜鉛などのミネラルと結合すると、一緒に身体から排出してしまう性質があります。身体に吸収されないまま排出されるため、フィチン酸が多ければミネラルが欠乏する可能性が指摘されています。ただ、これは身体にとって不利益な事ではありますが、毒ではないと言えます。またこのフィチン酸は、抗がん作用や抗腫瘍作用などの効果が期待され、身体にとって有用な成分であると研究されている成分です。

浸水すれば問題がないアブシジン酸

アブシジン酸は、植物ホルモンの一つです。アブシジン酸を摂ると、低体温になったり不妊になったり、がんのリスクが高くなったりするため危険だと言われる事があります。しかしそれは、身体を酸化させる活性酸素の発生を促進するという事のようです。活性酸素は、紫外線に当たっても、インスタントやレトルト食品を摂っても発生します。その上アブシジン酸はフルーツなどにも含まれていますが、これらのフルーツは問題視されてはいません。

これらの事からも、活性酸素を発生させやすいという問題は知っておく方が良い程度で、雑穀に含まれるアブシジン酸だけが、身体に致命的な問題を引き起こすとは考えなくでも良いでしょう。またフィチン酸と同様に、動脈硬化などの予防に役立つ可能性があるとされ、悪いだけの成分ではありません。もし心配な方は、水に長く(半日程度)浸けておくだけで、無害にできるので試してみてください。

雑穀によるアレルギーの危険

これは、雑穀やすべての人に問題がある訳ではありませんが、アレルギーがある人が食べると身体に悪影響が出ます。雑穀であるソバは、重篤なアナフィラキシーショックを起こす事で知られており、気づかず食べてしまうと危険です。その他にもアレルギーを起こす雑穀があるため、単品ではなく、ブレンドされた雑穀を買う場合は何が入っているか確認してから買いましょう。

小麦や米にアレルギーがある人は、雑穀にも反応する可能性があります。ネットで小麦や米の代替として雑穀をすすめるサイトがありますが、子供さんによってアレルギーの出方は違います。アレルギーを起こさない雑穀であると、確認してから与えるのが無難です。